微笑んでいる女性
  • ホーム
  • アフターピル服用で妊娠しないメカニズム

アフターピル服用で妊娠しないメカニズム

心配している女性

性行為のときにコンドームがはずれるなどして避妊に失敗してしまうと、そのままでは妊娠をしてしまうことになりますので、なんらかの手立てを講じる必要があります。
こうした場合に役に立つのが、アフターピルとよばれる特別な医薬品です。

このアフターピルは、性行為をしてから72時間以内に服用することによって、事後的であっても避妊の効果が発揮されるというすぐれたものです。
アフターピルの中味は、女性の身体から分泌され、妊娠を維持させるはたらきのある黄体ホルモンとおなじような構造の化学物質となっています。
そのため、このアフターピルを服用することによって、女性の身体はすでに妊娠をしたものと勘違いをして、さまざまな準備をはじめます。

まず、このアフターピルを服用することによって、排卵が抑制されますので、卵子が受精してしまうということがそもそもなくなります。
また、もしも受精をしてしまった後でアフターピルを服用した場合であっても、こんどは受精卵が卵管を通って子宮に行き着く前に、受精卵のベッドであるところの子宮内膜が剥がれ落ちてしまいますので、受精卵が子宮内膜に着床して妊娠が成立するということもなくなります。
このようなメカニズムによって、アフターピルの服用により妊娠を防ぐことが可能となっているのです。

ただし、こうしたメカニズムの説明からあきらかなように、アフターピルはつねに先回りをして妊娠を妨害するという役割を果たしています。
なので、性行為をした後のあまりにも遅いタイミング、要するに72時間を超えてから服用したとしても、その効果が十分に発揮されずに、残念ながら妊娠に至ってしまう可能性がありますので注意してください。

関連記事