微笑んでいる女性
  • ホーム
  • アフターピルはエストロゲンを経口投与するもの

アフターピルはエストロゲンを経口投与するもの

アフターピルは望まない妊娠を避けるために、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲストロンを経口投与するものです。

エストロゲンは約28日周期で卵子を1つ成長させ排出させることと、受精した卵子が着床するベッドの役割を果たす子宮内膜を熱くする仕事を行っています。
アフターピルには通常のピルよりも大量のエストロゲンとプロゲストロンという2種類の女性ホルモンと同じ働きをするものが含まれていて、アフターピルを経口投与することにより身体の中にエストロゲンとプロゲストロンが大量に分泌されているという錯覚を起こさせます。
アフターピルの効果がなくなったころには、身体の中のエストロゲンとプロゲストロンの量も減るため、人工的に生理が起こる状態を作り出します。
生理は受精卵が着床する子宮内膜が剥がれ落ちたもののため、もし受精卵ができていても着床する場所はなくなります。
またアフターピルに含まれているプロゲストロンは排卵を遅らせたり受精卵が子宮に侵入するのを防ぎます。
これらの効果により、妊娠を防ぐのです。

アフターピルには副作用もあります。
人工的に女性ホルモンの分泌量を操作するため、胃痛や嘔吐、吐き気、むくみ、胸のはりなどのつわりのような症状が出ます。
アフターピルの成分がしっかりと身体の中に吸収されなければ体内の女性ホルモンの量は変わらないため服用した意味がなくなってしまいます。
そのため、経口避妊薬であるアフターピルの場合には、副作用であるとは言っても嘔吐してしまっては服用した効果が表れない可能性もあります。
そのため、服用から数時間のうちに嘔吐してしまった場合には、処方してもらった医療機関に相談した方が良いでしょう。

関連記事