微笑んでいる女性
  • ホーム
  • アフターピルの着床後の効果とピルカッターの使用法

アフターピルの着床後の効果とピルカッターの使用法

アフターピルは緊急避妊時に精子が着床するのを防ぐ役割があるので、着床後に服用しても効果がありません。
またアフターピルは24時間以内に服用するのが一番効果的で、72時間以内では80%まで避妊率が低下するので、着床後まで時間が経過してしまうと全く効果がありません。
着床後は対処するのが難しいので、専門の医療機関を受診して様々な選択肢の中から最善の方法で対処をしなければならないので、自分の判断で薬を服用することは避けなければなりません。
アフターピルは膣内に射精されてからなるべく早く服用しなければならない薬なので、基本的には夜に射精されたら、翌日の朝には婦人科などを受診してアフターピルの処方を受けなければなりません。

日本では中容量ピルを使用した緊急避妊方法もありますが、2回に分けてピルを服用するので、副作用が出る可能性や血栓症のリスクも高くなります。
避妊率はアフターピルと同程度ですが、中容量ピルを用いると時間がかかるので、避妊率が低下する恐れがあります。
ピルカッターは薬の分量を調節するために使用する道具で、インターネットで購入した薬が大きい場合に小さく砕いて飲みやすくすることができます。
またピルカッターを使うと正確に半分にすることができるので、用量を半分にするときに利用する人が多く、ピルなどの薬は副作用や体調などを考慮して自分で量を調節するためにピルカッターを用いることもできます。
薬は基本的には医療機関で処方されて薬局で受け取りますが、半分の大きさにしてほしい場合には、申し出るとサイズの小さな薬を受け取ることができます。
ピルカッターで半分に分割するよりも用量の少ないタイプの薬に変えたほうが正確な分量を服用することができます。

関連記事