微笑んでいる女性
お知らせ
    ニコニコする女性

    避妊に失敗してしまったなどの理由で、事後的に避妊ができないかと悩んでいる人のために、アフターピルとよばれるものがあります。
    まずはこのアフターピルの仕組みについて説明します。

    これは性行為をする前に計画的に服用する、一般的なピルと同様に、避妊を目的としてつくられた錠剤ではあるのですが、性行為をした後という事後的な避妊に使えるというところが、大きく異なっているといえます。
    アフターピルは、産婦人科などの医師に申し出をすれば、通常はかんたんな問診だけで処方してもらうことができますので、悩んで時間が経過する前に、すみやかに病院を訪れるべきものといえます。
    それではアフターピルはいつまでに服用すれば間に合うのかというところですが、一般には原因となった性行為の72時間後までということがいわれています。
    この72時間というのは、アフターピルによって避妊する確率が7割から8割をキープできる、ぎりぎりの時間であり、これはアフターピルが医薬品として国の承認を受けるまでの過程で行われた臨床試験の結果などからもあきらかです。
    もっとも、72時間を過ぎた場合、妊娠を受け入れなければならないのかといえば、けっしてあきらめることはなく、なかには性行為後100時間してから服用し、避妊に成功したという事例も報告されているため、避妊の確率は低くなりますが、服用しておいたほうがよい場合もあります。

    アフターピルの服用によって避妊に成功する確率は、やはり性行為からあまり間をおかず、すみやかに服用することによって高くなるといわれていますので、できれば早めに対処すべきといえます。
    アフターピルを病院で処方してもらう場合、健康保険が適用されない自由診療となりますので、診察代込みで1万円以上の出費となってしまうことがありますが、それでも望まない妊娠を回避する上ではやむを得ないといえるでしょう。

    記事一覧

    記事はありません

    お探しの記事は見つかりませんでした。

    人気記事一覧
      最近の投稿
        アーカイブ